MENU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。プライバシーポリシーページへ

採用が決定した時に再確認すべきこと6チェック!

さゆかの暮らし 生活・働く・ポイ活・お金

「採用」=「就・転職活動終了」と思ってはダメ!入社して会社と確認しておかなければならないことはたくさんあります。

ここでは、採用から入社までの基本の流れを紹介!就・転職活動をコンプリートさせましょう。

目次

ステップ1:会社から採用通知が届く

郵送、メールなどで採用通知が届きます。見落とさないように常にチェックしておきましょう。

ステップ2:入社の意思表示をする

入社の意思を伝えて次のステップにすすめます。なるべく早く行うのがマナーなので、返事を待ってもらうには期限を区切り、決まり次第返事しましょう。

ステップ3:出社日を決める

会社の意向と自分の都合を調整します。特に差し迫った理由がない限り、会社の意向に合わせることが無難です。在籍中であればその旨を伝え、出社日の調整をさせてもらうよう相談しましょう。

ステップ4:労働契約を確認する

入社の際に、雇用主と労働者の間で結ぶ契約のことです。採用までの流れの中でチェックはしていると思いますが、ここで最終確認をします。

雇用主は労働条件(賃金、従事すべき業務、始業・就業時間等)を書面で明示することが労働基準法で定められています。

不明な点があれば、必ず説明を受けるようにしましょう!

ステップ5:必要な書類を用意する

入社の手続きに必要な書類を準備します。会社によって提出書類は様々なので、何をいつまでに提出しなければならないのかを確認して期日までに揃えましょう。

ステップ5:入社

出社初日からポカをしないように、出勤時間や用意しておくものをあらかじめよく確認し、身だしなみの衣類などもチェックしておきましょう。

どんなにキャリアや経験を積んでいても、入社した会社では新人になってしまいます。周りとの協調性を大事にしながらコミュニケーションを深め、仕事を進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯蓄0円で離婚⇒シングルマザーなのにブラック企業に就職⇒転職⇒低収入
◆娘2人は高校生と大学生で高額学費と住宅ローンで借金苦
◆初めてお金と向き合い、同じようにお金で苦しんでる方に情報を共有できればとこのサイトを立ち上げました。

目次