MENU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。プライバシーポリシーページへ

転職活動を始める「ベストタイミング」は?

さゆかの暮らし 生活・働く・ポイ活・お金

転職活動を始めるなら、勤務しながらなのか、あるいは一度退職してから活動するのか?それぞれの特性を理解して、自分に合ったパターンで転職活動を始めましょう。

この記事でわかること

  • 在職中に行う転職活動のメリットとデメリットがわかる
  • 退職後に行う転職活動のメリットとデメリットがわかる
目次

在職中の転職活動メリット

  • 生活面の心配をせず、精神的に余裕を持って活動できる
  • 自己PRできるような「成果」を作るチャンスがある
  • 「転職しない」というが残る

内定が出てから退職交渉を行うことが一般的ですが、最低でも1か月前には退職の意思を伝えることを考えると4ヶ月前くらいから転職活動すると良いとされています。

在職中の転職活動デメリット

  • 面接時間の融通が効きにくい
  • 土日祝日に面接してくれる企業が少ない
  • 応募する企業をある程度源泉して活動しなければならない
  • 転職活動の準備に十分な時間がさけない
  • こっそり活動する場合、同僚や上司に知られてしまう危険性がある

退職してからの転職活動メリット

  • 準備の時間が十分に確保できる
  • 仕事や資格に関する勉強時間を作れる
  • 同僚や上司に気兼ねなく活動に専念できる

退職してからの転職活動デメリット

  • キャリア空白の時期が長いほど転職活動で不利になりやすい
  • 時間が自由になるため、生活習慣が乱れやすい
  • 収入がなくなるため余裕がなくなりやすい
  • 長期化した場合、焦って決断してしまうことも
  • 活動がマンネリ化して、働くことを諦めてしまうこともある

まとめ

在職中、退職後の転職活動どちらでも、採否がきまるわけではありません。ですが、在職中の転職活動であればきちんと生活面を考えていると捉える採用担当者もいることでしょう。ただ、在職中だと面接日程の調整などが難しくなります。有給休暇を取りずらいと考えてしまうかもしれませんが、自分の人生なので半休などを利用し前向きに対応すると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯蓄0円で離婚⇒シングルマザーなのにブラック企業に就職⇒転職⇒低収入
◆娘2人は高校生と大学生で高額学費と住宅ローンで借金苦
◆初めてお金と向き合い、同じようにお金で苦しんでる方に情報を共有できればとこのサイトを立ち上げました。

目次