MENU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。プライバシーポリシーページへ

働きやすい環境へ!改定健康増進法とは?

さゆかの暮らし 生活・働く・ポイ活・お金

健康増進法は、国民の健康を守るために制定された法律です。ですが、現代にあった健康に関する新たな課題に対応するため健康増進法が改定されました。

目次

改定健康増進法の主な変更点

改定健康増進法では、以下のような主要な変更点が含まれています。

受動喫煙防止対策の強化

改定前の健康増進法でも受動喫煙防止が規定されていましたが、改定によりその対象範囲が広がりました。具体的には、飲食店や職場など多くの公共の場での喫煙が厳しく制限されるようになりました。

健康増進活動の推進

健康診断の項目が見直され、より詳細な健康状態の把握が可能となりました。特に生活習慣病の予防に重点が置かれており、早期発見・早期治療が促進されます。

改定健康増進法の影響

改定健康増進法は、国民の健康に多大な影響を与えると考えられます。以下に、その具体的な影響について説明します。

受動喫煙の減少

受動喫煙防止対策の強化により、公共の場での喫煙が減少します。これにより、受動喫煙による健康被害が減り、多くの人々がより健康な環境で生活できるようになります。

地域の健康増進活動の活発化

地方自治体や企業が積極的に健康増進活動を行うことで、地域全体の健康意識が高まります。例えば、ウォーキングイベントや健康教室などの活動が増えることで、住民の健康レベルが向上します。

生活習慣病の予防

健康診断の充実により、生活習慣病の早期発見が可能となります。これにより、早期治療が行われ、病気の進行を防ぐことができます。また、健康教育の普及により、予防意識が高まり、生活習慣の改善が促進されます。

望まない受動喫煙を防止するための取組具体例

原則、「屋内禁煙」

対象:事業所、工場、ホテル、旅館、飲食店、旅客運送事業船舶、鉄道、国会、裁判所等

 ⇒飲食店の中には喫煙可能な場合があります

喫煙を認める場合は、喫煙専用質などの設置が必要です。

敷地内禁煙

学校、児童福祉施設、病院、診療所、行政機関の庁舎など、子どもや患者などに特に配慮する施設(第一種施設)はさらに敷地内禁煙となります!

20才未満は喫煙可能場所への立ち入りが禁止なので、喫煙可能場所での勤務がある場合は20才以上でなければなりません

受動喫煙対策(厚生労働省公式サイトへ)

改定健康増進法について専門家の見解

門家によると、改定健康増進法は国民の健康を守るための重要な一歩であり、その効果は今後数年間で顕著になると予想されています。特に受動喫煙防止対策の強化は、多くの健康問題の予防につながるとされています。

まとめ

改定健康増進法は、国民の健康を守るために重要な役割を果たす法律です。ですが、法律が整備されても労働間環境が改善されるまでは時間がかかったり、対策をとらない企業もあるのでしっかりとしたとりしまりがかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯蓄0円で離婚⇒シングルマザーなのにブラック企業に就職⇒転職⇒低収入
◆娘2人は高校生と大学生で高額学費と住宅ローンで借金苦
◆初めてお金と向き合い、同じようにお金で苦しんでる方に情報を共有できればとこのサイトを立ち上げました。

目次