MENU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。プライバシーポリシーページへ

要約!『金持ち父さん貧乏父さん』お金持ちが読む本

さゆかの暮らし 生活・働く・ポイ活・お金

ロバート・キヨサキ氏による著書で、お金に関する考え方や金銭教育について書かれています。お金の勉強をする人の多くが影響を受けています。私も読んでみて、私が常識だと思っているお金の使い方は違ったと衝撃を受けました。このように、お金持ちの登竜門と言える本を読んでみましょう!

初版発行:1997年、 著者:ロバート・キヨサキ 発行部数:全世界で4000万部以上

こんな人に向いている記事です。

  • 今からお金の勉強を始めようと思っている人
  • 『金持ち父さん貧乏父さん』を読もうか迷っている人
  • 金持ちと貧乏の考え方の違いを知りたい人
目次

金持ち父さん貧乏父さん的資産と負債の区別

「金持ちは資産を買い、貧乏人は負債を買う」と述べています。資産はお金を生み出すもの(不動産、株式など)であり、負債はお金を消費するもの(借金、高価な消費財など)です。

金持ち父さん貧乏父さん的リスクを取ることの重要性

金持ちになるには、リスクを取ることが不可欠です。ただし、計算されたリスクを取ることが重要であり、投資やビジネスにおいて冷静な判断が必要です。

金持ち父さん貧乏父さん的教育の価値

一般的な教育は重要ですが、お金に関する教育も同じくらい重要です。キヨサキは、学校ではお金の教育を受けず、実生活でのお金の扱い方を学ぶことが必要だと主張しています。

金持ち父さん貧乏父さん的自己啓発と成長

金持ちになるためには、常に学び、成長し続けることが重要です。自己啓発や投資に時間とお金をかけることは、将来の成功につながる可能性があります。

金持ち父さん貧乏父さん的消費と投資の違い

金持ちになるためには、消費ではなく投資を重視する必要があります。投資は将来の収益を生み出す可能性がありますが、消費はただお金を使い果たすだけです。

『金持ち父さん貧乏父さん』要約のまとめ

掲載した内容は、ごく一部です。財務の原理、資産形成、豊かな人生を実現するための考え方が詳細に掲載されて衝撃を受ける内容となっています。是非、考え方の参考に読んでみてください。

『金持ち父さん貧乏父さん』の要約をもう一度る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯蓄0円で離婚⇒シングルマザーなのにブラック企業に就職⇒転職⇒低収入
◆娘2人は高校生と大学生で高額学費と住宅ローンで借金苦
◆初めてお金と向き合い、同じようにお金で苦しんでる方に情報を共有できればとこのサイトを立ち上げました。

目次