MENU
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。プライバシーポリシーページへ

新NISAとは?初心者でもわかる仕組みとメリットを解説

さゆかの暮らし 生活・働く・ポイ活・お金

新NISAについて詳しく解説。初心者でもわかりやすい仕組みとメリット、デメリット!投資を始める前に知っておくべきポイントが満載です。

この記事でわかること

  • 新NISAの特徴とメリットがわかる
  • 新NISAとNISAの違いがわかる
  • 新NISAを始める人から多く寄せられる質問がわかる
目次

新NISAの特徴とメリット

新NISAとは、株(かぶ)や投資信託(とうししんたく)といった金融商品に投資するための特別な口座です。この口座を使うと、普通はかかる税金(ぜいきん)が免除されるので、より効率的にお金を増やせます。それにより、将来的に大きな利益(りえき)を期待できます。

新NISAとNISAの違い

NISA新NISA
投資上限額年間120万円年間180万円
非課税期間5年間5年間+最大25年間
投資対象株式、投資信託、ETFなど株式、投資信託、ETFなど
ロールオーバー可能可能
口座開設年齢20歳以上18歳以上(成年年齢の引き下げにより)
制度の導入年2014年2024年(予定)
特徴簡単に始められる税制優遇制度投資上限額や非課税期間が拡大
新NISAとNISAの違い

金融庁NISA専門サイトへ

新NISAの運用方法と注意点

新NISAの口座を開設するには、銀行(ぎんこう)や証券会社(しょうけんがいしゃ)で手続きをする必要があります。ただし、投資にはリスクが伴います。

新NISAのデメリット

1. 投資リスクが伴う

  • 価格変動リスク:新NISAで投資する金融商品(株式、投資信託など)は市場の価格変動の影響を受けます。価格が下がることもあるため、元本割れのリスクがあります。
  • 流動性リスク: 一部の投資商品は売却が難しい場合があります。すぐに現金化できないことがあるため、必要な時にお金を取り出せない可能性があります。

2. 制度の変更リスク

  • ルールの変更: 新NISAのルールは将来的に変更される可能性があります。例えば、税制優遇の範囲が変更されたり、投資上限額が変わったりすることがあります。これにより、計画していた投資戦略が影響を受けることがあります。

3. 手数料がかかる

  • 取引手数料: 新NISA口座での取引には手数料がかかる場合があります。特に、頻繁に取引を行う場合、手数料が積み重なり、投資利益が減少することがあります。
  • 管理手数料: 一部の投資信託には管理手数料がかかるため、長期的な投資の場合、手数料の影響が大きくなることがあります。

4. 他の投資方法との比較

  • つみたてNISAとの比較: つみたてNISAは長期積立・分散投資に特化した制度で、投資上限額や対象商品が異なります。新NISAと比較して、自分の投資スタイルに合わない場合があります。
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)との比較: iDeCoは老後資金を積み立てるための制度で、所得控除が受けられるなどのメリットがあります。新NISAとどちらが有利かは個々の状況によります。

5. 管理が必要

  • ポートフォリオの管理: 新NISAを利用する場合、自分でポートフォリオを管理する必要があります。どの投資商品を選ぶか、どのタイミングで売買するかなどの判断が求められます。これには時間と知識が必要です。

新NISAの制度改正や最新動向

新NISAのルールは時々変更されることがあります。例えば、毎年投資できる金額の上限や、新しい投資商品の追加などです。だから、新NISAを利用する際には、最新の情報をチェックすることが重要です。インターネットや銀行の窓口で最新情報を確認しましょう。

実際の投資事例や成功パターン

新NISAを使って成功した人の例もたくさんあります。例えば、毎月少しずつ投資して、大きな利益を得た人もいます。成功するためには、計画的にお金を使うことと、長期的な視点で考えることが大切です。一度にたくさんのお金を投資するのではなく、少しずつコツコツと続けることがポイントです。

新NISAを始める人から寄せられる質問

どの金融商品に投資すべきですか?

質問: 新NISAではどの金融商品に投資すべきですか?

答え: 新NISAでの投資商品選びは、自分の投資目的やリスク許容度によります。株式は高リスク・高リターン、債券は低リスク・低リターンと言われています。だから、初心者には、分散投資ができる投資信託がおすすめです。

新NISAの口座はどうやって開設するのですか?

質問: 新NISAの口座を開設するにはどうすればいいですか?

答え: 新NISAの口座を開設するには、銀行や証券会社で手続きを行います。必要な書類を揃え、窓口やオンラインで申し込みをします。手続きの詳細は各金融機関によって異なるので、事前に確認しましょう。

新NISAを始めるのにいくら必要ですか?

質問: 新NISAを始めるのに最低いくら必要ですか?

答え: 新NISAを始めるための最低金額は特に決まっていませんが、多くの証券会社では数千円から投資を始めることができます。少額からでも投資を始めてみることをおすすめします。

NISAを利用するステップ金融庁サイトへ

まとめ

新NISAは、賢くお金を増やすためのとても便利な方法です。しかし、リスクもあるので、慎重に利用することが重要です。将来のために、今から計画的にお金を増やす方法を考えてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯蓄0円で離婚⇒シングルマザーなのにブラック企業に就職⇒転職⇒低収入
◆娘2人は高校生と大学生で高額学費と住宅ローンで借金苦
◆初めてお金と向き合い、同じようにお金で苦しんでる方に情報を共有できればとこのサイトを立ち上げました。

目次